母の日

昨日は、サ・マ-シュに寄ってローストビ-フサンドのパンを買い、新緑の山を楽しみながら、北野坂を上りました。
店に着くと早々に宅急便が届いたのです。何かしら?と、開けてみると、
Mother’s Dayと書いたカ-ドを添えたお花のブ-ケです。
神戸のおかあさんへ 今年は会いに行きます。 お会いできる日を楽しみにしています。 高知の娘よりと、メッセージが添えてありました。
前の店で大学4年の間、神戸のお母さんと慕ってくれたスタッフからのプレゼントでした。
予期せぬ事で、うれしかったですね。
午後からは、サロメの初期の頃に、よく来て頂き、今もご夫婦でお付き合いしているフレンチのシエフが、カ-ネ-ションと手作り苺ジャムを持参。サプライズプレゼントを頂き、心温まる1日でした。
母の日と言えば、毎年思い出す事があります。
シエフに叱られて、トンヅラしてしまったスタッフが、半年ぐらい経った母の日にカ-ネ-ションの花束を送って来ました。
住所も書かず名前だけで、東京の花屋さんから送られて来たのです。
当時は、個人情報が厳しくなく、問い合わせると、北海道の牧場で働いていました。
その後サロメに戻り、今は名古屋で結婚して、子供も授かり幸せに暮らしているようです。