パンの顔

土、日曜日は、ロ-ストビ-フサンドの日なので、昨日の朝は、サ・マ-シユに寄りました。紙袋から取り出したブリエブランは、ふっくらとルノワ-ルの絵の女性のような姿で出て来ました。
シエフの焼いたパンは、ふっくらパリッと、しかもどことなく姿がキリッとしています。
気泡も均等にあいている様に思えるけれど、美味しいパンの気泡は、どんな状態なのか、一度西川シエフにお聞きしたいと思いつつ、最近は店が忙しそうで、ゆっくり話す機会もなく、疑問は残ったままになっています。
パリッとぽっちゃり型のこのパンは、時々表でサ-ビスしている女性か、中にいる男性が焼いたのかしら?そんな事を想像しながらパンを切るのも朝の楽しみの1つです。