年の始めに

以前、年の始めに司馬遼太郎の「街道をゆく」を読破しようと決めて、挫折した苦い経験があります。
性懲りもなく今年は、宮沢賢治の作品を読むことにしました。
賢治の作品は、いくつか読んでいますが、この年になって読みかえすと、以前とは違うものを感じるかも知れません。
まずは手始めに、「銀河鉄道の夜」から始めようと思い、本も新しく買い求めました。
意志の弱い私も、こうしてブログに書いてしまうと、初志貫徹出来るかも知れないと、ひそかに期待しています。