インターネットの威力

昨日、元フランス料理店ル-・サロメで、バイトをしていたA君が、フランスから電話をくれました。当時19歳で、ソムリエ スク-ルに通いつつ、サロメで働いていました。
その後、フランスへ渡り、フランス語、ワイン醸造学を学び、今は、ボ-ヌでクレマン(発泡酒)を造っている蔵元に、勤めています。
「偶然、この店のホ-ムペ-ジとブログを見つけ、マダムの声が聞きたくなって、電話をしました」と、元気な声で語ってくれました。
遠く離れたところでも、インタ-ネットで情報がわかる時代になり、世界が身近に感じられます。
そして今日は、元マネージャーのAさんが、東京から奥さんを伴って来てくれました。
私に、ブログを勧めてくれたのは、Aさんです。
マダムが、何を考え、感じているのか、ぜひブログに書いて下さいと、言ってくれたのが始まりです。
このように、お客様やスタッフ、業者の方々との出会いがあるたびに、「あぁ-店を続けて本当に、良かった」と、実感すると同時に、これまでどれほど多くの方々に支えられて来たかと感謝の気持ちでいっぱいになります。