お年玉

姉の孫のお年玉を買いにMON FRIさんに行きました。
北野工房のすぐ近くにある小さな雑貨屋さんです。
さんざん迷った末、四年生の女の子には、アメリカ製の鍵のついた日記帳、四歳の男の子には、ロシア製の動物パズルを選びました。

小さい頃、ご近所のおじさんから、お金ではなく、品物でお年玉を頂きました。
姉と私は、「おじちゃん何を下さるかしら?」と、毎年楽しみにしていました。
今の子供達は、物があふれている中で育っているから、楽しみにしてくれるかどうかわかりませんが、子供達の物を、あれこれ迷いながら選ぶのは年末の私の楽しみの一つでもあります。