お餅つき

一昨日、突き立てのお餅を頂戴しました。
小さく切って、粒あんを載せていただくと、柔らかな甘さが、小さい頃の思い出に広がっゆきました。
中学生ぐらい迄は、毎年12月30日は、お餅つきの日でした。
朝暗い内から、ご近所の方々も集まって来られ、せいろで蒸したり、皆忙しく立ち働いていました。
餅を突き始めると、周りに集まり、ヨイショ-、ヨイショ-と、掛け声をかけて、それは賑やかな光景でした。
突きあがると、小餅に丸めるのは、子供達や母親の出番です。
途中、大根下ろしをかけた熱々のお餅がふるまわれました。
アツアツゥ-と言いながら、にこにこ顔で、ほおばった味は、今でも楽しい思い出となって残っています。