ベニバナ

ようやく涼しくなりました。
今日は何の花の日か気にかかって、はなを贈る事典を見るとふしぐろせんのうの日で花言葉は転職転機でした。
ふしぐろせんのうが咲いたら土用が明けると言われてきたそうです。
有馬では、ベニバナと呼ばれ、お茶花として喜ばれてきました。
この季節は、赤とんぼもよく見かけましたが、北野坂では一度も見た記憶がありません。
それにしても、今年は、長い夏だったと秋風に吹かれながら、夏の暑さを凌いでこれた喜びを実感しています。