BAR TAKE5

久々の青空、また猛暑が復活しそうな気配です。
昨日は、久しぶりのお客様から、お食事のご予約を頂きました。
店の移転をご存知なく、昔の電話番号にかけてもかからず、お困りになられたご様子でした。
でも、何処かで店を持っているに違いないと思われ、私の本家の有馬、兵衛の向陽閣へ、お問い合わせ下さったそうです。
それにしても、良く覚えて頂いていたと驚き、感謝致しました。
閉店後、一人でTAKE5へ立ち寄りました。
7月閉店を惜しんで、駆け付けて来られたお客様で、賑わっていました。
この店は、BARでは珍しく、ところ狭しと本が並んでいました。
昔、県庁の山側に風琴という喫茶店が店内に、本をいっぱい並べていたのを思い出し、ここでも置きはじめたのが、始まりだそうです。
バックカウンタ-に並んでいた多種類のウイスキーや本も、少なくなり、閉店間際を感じさせられました。
ここのしっかりしたマティ-ニは、一番のお勧めですが、22年、ともに働いたシェ-カ-は、今日、なか蓋が壊れ、閉店よりひと足早く音をあげてしまいましたと、マスターは、静かに語ってくれました。

ルー・サロメ 神戸