しぼりたて原酒

暮れに画家のちかちゃんが、ガラス拭きに来てくれました。
大掃除終了後、二人で頂き物のしぼりたて蔵出し原酒(720ml)を飲みました。
つまみは冷蔵庫に残っているブルサンアイユと生ハムでカナッペを作り、これはお酒に合わないかもと言いつつ、ブルー・ドーヴェルニュとロックフォール・パピヨンと枝付き干しブドウ、黒豆味噌をお皿に盛り付けました。
お酒の説明書には、瓶を振らないで下さい。栓を開ける時に、顔を近づけないで下さいと書いてあります。
ちかちゃんがそおーっと開けると、風早さん、大変‼︎と慌てています。私はボールを持って吹きこぼれるお酒を受けました。
シャンパンのように、シュワシュワっと白いお酒の泡が立ち、底の方からモクモクと吹き出しているように見えます。
ひと口飲むと、美味しい〜‼︎やや甘い白いお酒ですが、甘すぎず、合わないと思ったロックフォールがぴったりでした。
二人でう〜ん、おいしい❗️❗️ロックフォールの塩気が良く合います。
枝付き干しブドウも合います。
喋って喋って気が付くと、底から2㎝になっていました。
二人とも酔っぱらっていないのが不思議です。しぼりたてで新鮮なお酒の性でしょうね。
ここまできたら空けてしまおうねと飲み干しました。
blog20160103