そば切り 山親爺

blogoyaji3

三年ほど前、「神戸おとなの美男美女食堂」という本にサロメが掲載されました。
その中に そば切り 山親爺がいかにも美味しそうに載っていて、行きたいと思いながら、ようやく今日行って来ました。
中に入るなり、「風早さん」と呼ばれ、びっくりしました。
アンドゥトア時代からのお客様です。
「ここで会ったら、奢らん訳にはいかんなあ」と、言われ「鴨汁」と「鯖寿司」をご馳走になりました。
初めに美味しい 蕎麦茶が出て来たので、蕎麦も期待通りの美味しさでした。
帰りはご夫妻でお見送り頂き、ラッキーな一日で、本当にご馳走さまでした。

blogoyaji2