年の瀬

untitled

暮れのご挨拶にと、アンドウトアからのお客様が花束を持って来店。
ワインを飲みながら、もう亡くなってしまわれた方々のことを思い出し、昔話をしました。
なんだかしみじみとした暮れのよき時間を過ごしました。